10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


グラナドス 「アンダルーサ(Andaluza)」

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


一年ほど前に書いた記事で、

一度公開したものの、すぐに非公開にしてしまった記事があったので、

もう一度、それを書き直してみました。

その曲を再度紹介しますね。


エンリケ・グラナドスの スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」


アンダルーサは、

「アンダルシア地方の調べ」という意味。

この曲は、

情熱的でありながら、安らぎが感じられる曲です。


私は、これまでに何度もギターの曲を紹介してきました。

ギターの音色がとても好きなんですね。

子守歌のような音に感じるのです。

だから、心が弱くなったとき、休みたくなったとき、

聴いてみると、ホッとしてきます。


私自身、どんな人かと言いますと、

ものすごい非情で、冷淡で、残酷だと、思っています。

もしかしたら、

誰よりも情熱的で、誰よりも情が深いからこそ、

そうなってしまう、

相手に強く訴えてしまうのかもしれない・・・


相手を放っておけなくて、なんとかしたくなってしまう・・・

だから、

時には、とても優しく、時には、とてもく厳しくなるのかな?

そのくらい、他の人よりもずっと情が深いのではないか・・・?と。

自分で言うのも、恥ずかしいですけどね。


それで、情熱を感じるスペインの曲がしっくりとくるのかしら?

と、思っています。

一見、私は、「落ち着いたおとなしいイメージ」らしいですけどね・・・

純和風? 古風な日本的なイメージ? 
 
う~ん、(~_~;)。

その私がスペイン? おかしいかしらね?(笑)


ちょうど一年前。 

この曲をこんな感じで紹介しました。

今も、基本的に変わりませんね。

人は、そう簡単には、変わらないものなんだわ。


ちなみに、この曲、ピアノで弾くと、結構難しいと感じます。

楽譜をみる限り、簡単そうですけどね。

リズムも簡単ではないですけど、

空気をスペインに変えるというのか、情熱的にというのか、

弾いた途端に、

その場がガラッと変わるような演奏をするというのは、

難しいと思います。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ペペ・ロメロとセリン・ロメロ兄弟のギター演奏で
Pepe and Celin Romero "Spanish Dance No. 5" by E. Granados

↓ ナルシソ・イエペスのギター演奏で
* 大変申し訳ございませんが、
  この動画は観られなくなりました。<2015.12.06>

Danza española op.37 nº5 - Andaluza - Guitarra (Enrique granados)

↓ アンドレス・セゴビアのギター演奏で
Granados - Andaluza (Segovia 1959)

↓ ジョン・ウィリアムズのギター演奏で
Spanish Dance no 5 - Enrique Granados / John Williams

↓ こちらは、グラナドスのピアノ演奏で(CMつきです)
Granados plays Granados, Danza espanola no 5, Andaluza

↓ アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリのピアノ演奏で
Arturo Michelangeli plays "Andaluza" by Granados

↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏で
Danza Española: V Andaluza, Alicia de Larrocha



↓ ジョン・ウィリアムズのギター演奏のCD

アルハンブラ宮殿の思い出~スペイン・ギター名曲集



↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏のCD

グラナドス:スペイン舞曲集



↓ グラナドス自演のピアノのMP3(3曲目になります。)

Danza Espanola, Op. 37, No. 5 "Andaluza"



↓ アンドレス・セゴビアのギター演奏のMP3

Enrique Granados: Spanish Dance Op.37, No.5 - "Andaluza" - Arr. Segovia



↓ ナルシソ・イエペスのギター演奏のMP3

Enrique Granados: Spanish Dance Op.37, No.5 - "Andaluza"



↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏のMP3

Granados: Spanish Dance Op.37, No.5 - "Andaluza"



* この曲の楽譜は、こちら へどうぞ。



グラナドス La Maja de Goya (ゴヤの美女)

おはようございます。

今日は、一日くつろぎたい気分なので、

そんな気分に合いそうな曲を紹介しますね。


エンリケ・グラナドス の 

  『昔風スペイン歌曲集(Tonadillas al estilo antiguo)』より 

      La Maja de Goya (ゴヤのマハ、ゴヤの美女)



ゴヤの有名なマハの絵。

以前、観に行ったとき、しばらく絵の前でみとれてしまいました。

大きな絵ですし、惹きつける表情。

女の私ですら、そうなのですから、男性であればもっともっと・・・?

マハ(maja)とは、スペインの小粋な女、伊達女。

マハというのは、

下町、庶民階級の中で、

おしゃれで最先端を行くような感じのイメージの女性なのかな?と

思っているのですけど、

この曲の示すゴヤの絵は、

上流の女性のような感じがしてくるので、不思議です。

〇〇夫人?というような、ゴヤよりも上の階級であるような感じ。

目線がそう感じさせるのかな?

上流が下を見るような目線? 笑み?

そして、なんとなく、

女性には、庶民にはない、品がある、そう感じるのです。

でも、マハなのですよね・・・?

ゴヤが庶民の間で使う言葉を使ってみたのかしら?


グラナドスの曲は、どこか庶民的な感じがするので、

この絵の女性に、

ちょっとした憧れのようなものを感じながら、作曲したのでしょうか?

男性は、そういうところ、ありますよね・・・


・・・、曲には関係のないようなことを書いてしまいましたね。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ ゴヤの絵を観ながら、アンドレス・セゴビアの演奏を
   お聴きになりたい方はこちら。(ナレーションあり)
.Andres Segovia - La Maja de Goya (E. Granados) .

↓ こちらは、ジョン・ウィリアムズの演奏で
.La Maja de Goya - Enrique Granados / John Williams .

↓ ジュリアン・ブリームのギター演奏で
Julian Bream plays Granados La Maja de Goya


↓ MP3 アンドレス・セゴビアの演奏

Granados: Tonadilla (La Maja de Goya)



ホセ・ルイス・ゴンサレス名演集



↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏のMP3
  (ディスク8枚目の3曲目になります。)

Alicia De Larrocha - The Complete EMI Recordings




~~~ 後記 ~~~


この曲を歌で聴くとまったく違った印象を受けます。

こちらは、元となった原曲。

グラナドスの歌曲集「トナディーリャス」の中の1曲です。


ちょっと陽気な感じがしてきます。

下町の人が、明るく楽しく歌っている感じ・・・

そういう歌詞なのかな・・・?(この歌詞は知りませんので・・・)

↓ もしよかったら、こちらも聴いてみてください。
.PILAR LORENGAR & ALICIA LARROCHA. LA MAJA DE GOYA. E. GRANADOS. .


↓ こちらは、原曲の歌曲のMP3
   コンチタ・バディアの歌声、
   アリシア・デ・ラローチャのピアノ。

Tonadillas: La maja de Goya






グラナドス 「嘆き、またはマハと夜啼きうぐいす」

今日は、スペインを感じる曲を・・・



エンリケ・グラナドスの「ゴイェスカス」(ピアノのための組曲)

 第1部の第4曲 嘆き、またはマハと夜啼きうぐいす



「ゴイェスカス」(ピアノのための組曲)は、

 このように構成されています。
 
 第1部
  1.愛の言葉 Los requiebros
  2.窓辺の語らい Coloquio en la reja
  3.燈し火のファンダンゴ El fandango de candil
  4.嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす Quejas, o la maja y el ruiseñor

 第2部  
  5.愛と死 El amor y la muerte
  6.終曲〈幽霊のセレナード〉 Epilogo: Serenata del espectro

  補遺(追加) 
   7.わら人形 El pelele
   8.ゴヤ風のセレナード Serenata goyesca


 この曲は、第4曲目になります。


この曲は、以前 『ゴヤ展』を見に行ったとき、

なるほど・・・

絵にぴったりの雰囲気のある音楽だなあ・・・なんて

思いながら、聴いた曲です。


『ゴイェスカス』とは、

スペイン語で“ゴヤ風の音楽”という程度の意味です。


マハ(粋な女性のこと)がマホ(粋な男性のこと)を待ちわびている・・・

切ないですね・・・

この曲は、聴いてると

その後の悲劇(二人の死)を予感させるような物悲しさが伝わってきます。

最後に、

うす暗い夜明け前に鳴くナイチンゲールの鳴き声が

響いてきます。

それが二人の終わりを告げるかのようで悲しいですね・・・ 

( 夜啼きうぐいすとは、ナイチンゲールのことです。 

  恋人たちとナイチンゲール・・・

  この組み合わせ、よく使われますね・・・ )



よかったら、お聴きください。
  
  
↓ グラナドスの自演で
Granados - Quejas o la maya y el ruisenor from Goyescas

↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏で
Granados - Quejas, o la maja y el ruiseñor/The Maiden and the Nightingale


もしよかったら・・・ 

第1部の第3曲の「ともし火のファンダンゴ」もお聴きください。

  
↓ 同じく、グラナドスの演奏で。
Granados plays Granados El Fandango de Candil (1916)


↓ ジャン・マルク=ルイサダのCD

グラナドス:ピアノ組曲「ゴイェスカス」



↓ アリシア・デ・ラローチャのCD

グラナドス:ゴイェスカス



↓ アリシア・デ・ラローチャのMP3

Goyescas, Book 1: No. 4. Quejas o la Maja y el Ruisenor (Lament, or The Maiden and the Nightingale)



↓ グラナドスら、作曲家の自演のMP3
  (この曲は、2曲目になります。)

Grand Piano: The Composer Plays



* この曲の楽譜は、こちら になります。


~~~~ 関連記事 ~~~~

 グラナドス 「オリエンタル」 



グラナドス スペイン舞曲「オリエンタル」

前回に続き、スペインの作曲家のものを・・・

今日紹介する曲は、


グラナドスのスペイン舞曲 Op.37 第2曲目「オリエンタル」


この曲は、ピアノで弾くことができます。

さほど難しいという曲でもなく、

ピアノを少し弾けるようになってきた子どもでも、

弾ける曲ですけど、

この曲の持つ雰囲気を出すのは、ただ指が動くだけではできません。

上手い下手が、はっきりわかってしまう曲、という感じがします。


譜面は簡単でも、

音が少ないだけに、意外と難しいなと感じる曲は、

他にもありますね。


この曲はギターでも演奏されますけど、

ギターの音で聴くと

スペインの雰囲気がものすごく感じられ、

ピアノの音で聴くと、

かすかなスペインの香りと

ひんやりとした空気に包まれたような感じがして、

美しさが際立って聴こえます。


この違いを楽しんでいただけたら、嬉しいです。

↓ ジュリアン・ブリームと
ジョン・ウィリアムズのギターのデュオで(CMつきです)
Danzas Espanolas, Op 37, No 2 by Enrique Granados, performed by J Williams & J Bream

↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏で(CMつき)
Granados / Alicia de Larrocha: Dance No. 2 in D minor (Oriental), Twelve Spanish Dances

↓ こちらは、グラナドスの自演。(CMつき)
Granados plays Granados "Oriental" from Danzas españolas


↓ グラナドス スペイン舞曲集のCD

グラナドス:スペイン舞曲集


↓ グラナドスら、作曲した曲を自演したMP3
  (この曲は、4曲目になります。)

Grand Piano: The Composer Plays




↓  ジュリアン・ブリームとジョン・ウィリアムズのCD

ジュリアン&ジョン 超越のギター・デュオ



↓ イダ・プレスティ、
  アレクサンドル・ラゴヤのギターデュオのMP3

12 Danzas espanolas (Spanish Dances), Op. 37 (arr. for 2 guitars): No. 2. Orientale



この曲の楽譜は、こちら へどうぞ。



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示