10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


オースティン 「アルプスの夕映え(Alpenglühen)」

こんにちは。

先日、発表会に向いていないと感じた曲として

書いたものですけど、

今回、紹介してみますね。


テオドール・オースティン(エステン) の 

     「アルプスの夕映え(Alpenglühen)」 Op.193



私は、子どもの頃よく弾きました。

強弱がはっきりしていて、

心がうきうきしている感じのリズムで、

緩急のあるテンポよい感じが好きだったのです。


私は、当時、この曲のレコードを持っていて、

そのレコードもよく聴きました。

そのイメージが強く残っているからかもしれませんが、

私は、この曲はかなり軽やかなイメージを持っています。

全体のテンポは、かなり速いイメージです。


でも、

発表会で聴く演奏は、どれも重たく、

テンポが安定していないために、まとまりがないので、

おかしな演奏に聴こえました。


出だし。

これが、ゆっくりになってしまうと、

その後の「Lento」の部分が、

さらに遅くなってしまうので、

だらけた感じになってしまいます。

「Lento」の部分の三連符。

これが、ものすごく重くなってしまうのです。


中には、

三連符の3つの音が、

すべて同じ重さ、同じ強さで弾かれてしまうこともあり、

( もしくは、
  少しずつ重く、少しずつ強く・・・と逆の弾き方をされる)

ひどく重たくなってしまっているお子さんがいます。

しかも、

左手が、さらに重い音を出している・・・

ズシン、ズシンと聴こえてしまいます。

( 左手は、2拍・3拍目が、より重いのですね。

  どの指で、弾いているのかな・・・? )


壮大なアルプスの景色、

その夕方の美しさをイメージしていて、

なぜ、そんな重い音を出すのか?と

不思議に思います。


たぶん、技術が追いついていないだと思うのですよ。

( 元々、音の粒をそろえて弾くことができていない・・・)

この曲は、

簡単な曲のようで、かなり難しい曲ではないかと思います。


ゆっくり弾く場合、

指の基礎練習をしっかりとするようにして、

重くならないようにするといいと思います。

速く弾くよりも、難しいかもしれません。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓イェネー・ヤンドーの演奏
* 大変申し訳ございません。
   こちらの動画が観られなくなってしまいました。
   You-Tubeで探していますが、他には、
   下で紹介する動画しかありません。
   子ども向けの曲は、素人のものがほとんどです。
   紹介できない曲があるということを、 
   どうかご了承ください。 ( 2015.2.27 ) 

 エステン 「アルプスの夕映え」

↓ こちらは、途中までの演奏
   私は、こちらのイメージで弾きます。
zen-on piano solo アルプスの夕ばえ 全音ピアノピース


↓ 中村紘子さんのCD
   かなり速いテンポで弾いていらっしゃいます。
   やや速すぎるかな?という感じもありますけど、
   軽やかで、聴いていて、とても聴きやすいです。

乙女の祈り




↓ こういう子ども向けのCDを持っているといいと思います。
  お手本として、弾いているものは、
  ピアニストの個性が強く出ていなくて、いいです。
  私も、持っていました。

ピアノ発表会名曲集ベスト



全音 ピアノ名曲50選



乙女の祈り/ピアノ小品名曲集






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示