03
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ヴァヴィロフ カッチーニのアヴェ・マリア その2

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


昨日から、ある曲が頭の中で流れているので、それを紹介しますね。


吉松隆さん編曲 3つの聖歌より カッチーニのアヴェ・マリア


以前、このブログで、

「カッチーニ アヴェ・マリア」 という記事でも

取り上げた曲です。

今回紹介するのは、大河ドラマ「平清盛」でBGMに使われていました。


時々、

人生って、なんだろう?

と、考えます。

そして、そう考えれば考えるほど、

だんだんと、むなしく感じてきます。


人生、いいときもあれば、悪いときもある。


私の場合、どちらかと言えば、後者が多いのでしょう。

ただ、ただ、平和だなあと感じられるような日々を過ごしていたら、

こんな風に考えることもないのでしょうけど、

過去を振り返って、

この20年ほどの間、

そんな風にゆったりと構えて、生きてこられなかった。

そんな日々を暮らしていたら、

悪いことばかりで、嫌になってきますね。

まあ、悪いことよりも、いいことに目を向けて、生きる。

そうすることで、

なんとでもないよ、と思うことで、

乗り切ってこられたのでしょう。


でも、それで、何かがあったりすると、

今度は、一気に急降下するように、

突き落されるような感じになってしまいます。

そのたびに、

生きることって、なんてつらいことだろうと感じ、逃げ出したくなります。


でも、逃げない。


そう誓ってから、30年経ちますか?

人は、いつだって、命を絶つことはできる。

人は、いつだって、死がやってくる可能性はある。

だからこそ、

その命は、大切にしなくてはいけない・・・

そう思うのです。

だから、どんなにつらくても、生きる。


今日、紹介する曲。


これを演奏する舘野泉さんの音には、

「生きる」ことへの、思いが込められているような感じがするのです。

軽い言葉で、「生きよう」「頑張ろう」なんて、言える人の音ではない。

辛い思いをしている人にとって、

簡単にそう言える人の言葉は、反発したくなるものがあります。

「何もわかっていないくせに!」

そう感じさせるものがあります。

でも、

舘野さんの音は、

辛い思いをしている人にそっと寄り添うような感じがあるのです。

同じように苦しさを知っているからこそ、

その苦しさと同じだけの「やさしさ」が感じられるのです。


今、その音を聴いていると、

慰められるような気がするのです・・・


涙で、つらい気持ちを流してくれますか?

そして、

また一歩、歩いてみようという気持ちになってきますか?

なかなか、難しいけれど、

少しずつ、心が、先へ進んでいけたらいいですね・・・


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ 舘野泉さんのピアノ演奏で
舘野泉 3つの聖歌~カッチーニ/アヴェ・マリア~


↓ この曲のMP3(21曲目になります。)

舘野泉×吉松隆






ヴァヴィロフ カッチーニのアヴェ・マリア

何かあって、心がどうしようもなく落ち着かないことはありませんか?

特に何かをしてしまった、重大なことがおきてしまったというとき

とてもつらいことがあったとき、

いつまでも心が休まらない・・・

そんな時、こんな音楽はどうでしょう?


不思議と、聴いているうちに心が無になってくる音楽。

これを聴いた後、もしかしたら、涙が出てくるかもしれません。

涙で嫌なことを浄化されるのは、時にはいいかな・・・と思います。



カッチーニのアヴェ・マリア



伴奏が同じリズムで、同じことばを繰りかえす。

それが、人の心のリズムを取り戻すかのよう・・・


カッチーニの曲と書きましたが、実際の作曲家は別です。

本当の作曲家は、ウラディーミル・ヴァヴァイロフ。

かれは、古典作曲家の名前を借りて発表したらしいのです。

面白いですね。(^_^)


いろいろとあって、選曲に悩みました。男性歌手か女性歌手か・・・ 


よくスラヴァの歌がいい、と言われていますが

私はこちらの方の歌い方が好みですので、

こちらを先に紹介します。 こちらは穏やかな気持ちになります。

カッチーニのアヴェ・マリア⇒David DQ Lee の歌で

スラヴァの歌のほうは、神聖な感じがして、悲しみが伝わってきます。

お時間のある方は、こちらもどうぞ。⇒スラヴァの歌で


↓ アンドレア・ボチェッリの歌で
Caccini Ave Maria by Andrea Bocelli

↓ 女性歌手イネッサ・ガランテの歌で
Ave Maria - G. Caccini / Brinums - Inessa Galante

↓ 女性歌手Olga Pyatigorskaya の歌で
Ave Maria - Caccini - Olga Pyatigorskaya

↓ 女性歌手Ewa Iżykowska の歌で
Ave Maria by Giulio Caccini



↓ こちらは、スラヴァのCD。

ave maria



こんなことを書くと、え~~~~っと言われてしまうかもしれませんが

この曲は、ドラマ「魔王」で使ったら、よかったかも・・・なんて

思ってしまいました。 (みなさん、ご存じない?????)

教会で、罪を犯してしまう主人公が

神の前で祈る姿のときの、BGMとして合っているかも・・・

そんな風に思ってしまったのは、私だけでしょうね。


< 後記 2014.9.11 >

曲の入れ替え、追加をしました。

スラヴァの歌の入れ替えは、これで、3回目になります。

またいつか、動画が見られなくなるかもしれません・・・


~ 関連記事 こちらもどうぞ・・・ ~

ヴァヴィロフ カッチーニのアヴェ・マリア その2



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示