03
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


平吉 毅州 「ささぶねの航海」

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。

あまり気分が落ち着かない状態なので、

ゆったりとした気分になる曲を取り上げてみます。


平吉 毅州(たけくに)さん  の 

     子どものためのピアノ曲集 
 
         『虹のリズム』  より 第6曲目 「ささぶねの航海」



手の小さいお子さんでも、弾きやすい、

小さな子ども向きの曲です。

うちの子も、

気に入って、よく弾いていました。

発表会で、

よそのお子さんが弾いているのを見ると、

とてもいい感じに体を揺らして、弾いています。

派手さはないけれど、印象に残る曲ですね。

ゆったりとしたリズムで弾くと、

眠りを誘ってくれる感じになります。

聴いている人が、心地よく感じる曲だと思います。

時々、速めのテンポで、

さらっと弾かれるお子さんもいますが。
  
私は、ゆっくりのテンポのほうが、好きです。

「優しく、流れるように」



指示されていますしね。

これも、発表会向きの曲かもしれません。


笹舟。


5~7歳ごろだったか、よく作りました。

大雨が降ったあと、

公園に大きな水たまりが、あちこちにできたので、

そこに浮かべてみる。

競い合うということもなく、

ただ、浮かべるだけなのですけど、

意外と、

夢中になって遊んでいたような記憶があります。

たかが、笹舟、といえども、

上手に作る子もいれば、

切り込みをうまく入れられず、

やり直す子もいれば、と、

器用不器用を感じました。

ちなみに、

私は不器用なほうであったかもしれない…

 ( というより、雑だったかしら? 見た目が… )

女の子は、

作ることが楽しいと感じていたかもしれません。


この「ささぶねの航海」という曲は、

そんな懐かしいものを思い出させてくれます。

しっかりとした、

立派なおもちゃのふねと違って、

ささぶねは、

ゆらゆらと、ゆっくりと動く(流れる)さまが、

小さくて、かわいらしく見えます。

この曲の場合、

小さな川で、流し、

何かにぶつかって、沈んでしまい、

または、

うまく作れず、沈んでしまい、

「あっ」という、はかない感じも、ありますか?

そんなイメージを思い浮かべて、

弾くといいでしょうか?


それにしても、

今の子どもは、

ささぶねをつくることがあるのでしょうか?

七夕がなければ、

笹の葉をさわることもなかったりして?

竹と笹の違いが、わからなかったりして?


私が子どもの頃作られた曲は、

今の子どもがイメージするのは、

難しいかもしれませんね。

親御さんが

この記事を読んでいらっしゃるのであれば、

ぜひ、ささぶねを一緒に作ってみてください。

小さな川で、浮かべてみると、

流れもあって、

楽しいかもしれませんね。


↓ もしよかったら、聴いてみてください。

平吉 毅州/虹のリズム 6.ささぶねの航海/演奏:松本 あすか

↓ こちらは、CD

虹のリズム/平吉毅州






平吉毅州  踏まれた猫の逆襲

こんばんは、

今日は、先日紹介した平吉毅州さんの曲で、

同じくピアノ曲集『虹のリズム』から、1曲紹介しますね。

(せっかくなので、ついでに・・・)


平吉 毅州さん の 「踏まれた猫の逆襲」


この曲の元となったのが、

よく知られている、「ねこふんじゃった」の曲です。

「ねこふんじゃった」だけは、弾ける・・・

といわれる方もいらっしゃることでしょう。

私も、保育園にいるお友達が弾いているのを見て、

見よう見まねで、

初めて、オルガンを弾いてみようと思ったのが、

「ねこふんじゃった」でした。


黒鍵を使い、とても弾きやすく、

園児どうしで、速さを競い合ったり、片手で弾いたり、

別のメロディーをつけて、弾いてみたりと、

いろいろと遊んだものです。

後ろ向き・・・もやりました。

そんな親しみのある曲から、

踏まれてしまった猫の立場で作られたのが、今回紹介する曲。

踏んだ子どもに仕返しを・・・

なんてね、

面白い発想ですね。


最初の部分が、

「(さあ、)やったるぞ、やったるぞ!」と

猫が、意気込んでいるように聴こえてくるのが、また面白いです。

あ、この「やったるぞ」という言葉、

私がつけたのではありません。

当時の先生が、

「今日こそはやってやるぞ!」と

密かにもくろんでいた仕返しを

今日こそは・・・

と、子どもの隙をみはからって、やってやる、

と、そんなイメージで、とおっしゃっていたような記憶があります。

先生にそう言われると、そう聞こえてしまうのですね・・・


猫って、獲物をしとめようとするとき、

結構な時間をかけて、

じわり、じわりと身をひそめて近づいていき、

その時が来た!と思ったら、とびかかる?

そんな動きをしますね。

あのときの、全身、ぺったんこになった姿。

思わず、プッと吹きだしそうになるのですけど、

(かわいくて、かわいくて・・・)

猫は、真剣そのもので、

笑うと大変失礼なので、私も密かに見守ってました。

でも、なかなかうまくいかなかったようで・・・


さあ、

この曲では、

果たして、猫は、逆襲することはできたでしょうか・・・?

曲の最後まで聴くと、成功したかどうか、わかりますか?

猫の気持ちが、つたわってくるこの曲。

私は、好きです。


この曲、発表会、コンクールで弾くお子さんは、

速めのテンポで弾かれることが、多いですね、

速いテンポで、さらっと弾かれる。

私は、どちらかというと、

指示されているテンポ(2分音符 76~104)の中でも、

遅めのほうが、好きです。

その方が、猫の気持ちが伝わってきますから・・・

あまりに速く弾きすぎると、

猫が狙っている様子とかが、目に浮かんでこないのです。


なぜかね・・・

保育園で、競い合った、

「ねこふんじゃった」の速さ比べみたいに聴こえてしまうのですよ。

私だけでしょうか・・・?

でも、

多くのお子さんは、かなりテンポが速いです。

さらっと弾いて、「はい、おしまい」って感じ。


うちの子の場合、

先生は、私と同様な考えであったのか、遅めに指示されていました。

先生次第・・・

ということでしょうか?

技術の正確さを全面に出して、曲を仕上げるのと、

猫の動き、気持ちが伝わるようにして、曲を仕上げるのでは、

テンポが違ってくるのかもしれませんね。

(両方があるといいのですけど・・・)



↓ もしよかったら、聴いてみてください。

平吉 毅州/虹のリズム 8.踏まれた猫の逆襲/演奏:松本 あすか


余談ですけど、

「ねこふんじゃった」は、ピアニスト小原孝さんが、

いろいろとアレンジをして、弾いていらっしゃいました。

昔、一度だけ、聴いたことがあるのですけど、

ピアノって、簡単な曲でも、

こんな風に楽しめるものなんだなと、

こんな風に聴く人を楽しませることができるものなんだと、

思ったものです。

残念ながら、小原さんの演奏は見つからなかったので、

紹介できず、残念です。

虹のリズム/平吉毅州



↓ 小原孝さんのCD

ねこふんじゃったスペシャル



この曲の楽譜は、 こちら になります。



平吉 毅州  真夜中の火祭

こんばんは。

昨日・今日あたりは、

日本のどこかでどんど焼きが行われていたのかもしれませんね。

だからなのかわかりませんが、

ふと、あるメロディーが頭の中で流れてきたので、紹介しますね。


平吉 毅州(たけくに)さん の  真夜中の火祭


これは、作曲家の平吉さんが子どものために作られた曲の中でも、

とてもよく知られている曲ではないかと思います。

子どもの発表会でも、よく弾かれる曲です。


むか~し・昔、ピアノの先生に、

息抜きに、(平吉さんの曲をいくつか)弾いてみますか?と

言われた曲でもあります。


この独特なリズム。

パッと楽譜を見て、簡単そうに見えますけど、

リズムは難しいです。

この曲は、聴いていると、

とても力強そうな曲に聴こえますけど、

全体にそれほど音は強くないです。

だから、

乱暴に弾いてしまわないよう、腕の力を抜いて弾く・・・かな?

この曲は、

普段、運動をあまりしない人は弾くと、

ぎこちない音になりそうな気がします。

特に、

大人になってから、ピアノを始められた方が弾かれる場合、

体全体で、この曲のリズムをとらえて、

生き生きとした感じで弾くには、

まず、全身をほぐして、柔らかくしてから弾く

と、いいかもしれません・・・


そういった意味で、子ども向きの曲だなあと思います。

小さな子どもほど、さらっと弾いてますから。

小学3年生くらいまでに、弾かれるといいかも・・・

( 楽に弾けるのではないかと思います。)

特に女の子は、10歳過ぎてくると、

運動しないタイプは、ほとんど運動をしませんからねえ・・・

なんとなく、

子どもの発表会で聴いていて、そう感じます。

(そう感じるのは、私だけかしら?)


この曲は、

テヌート、スタッカート、アクセントの違いを理解していますか?

と問いかけているかのよう・・・

(子どもにその違いをわからせる曲でもあったのでしょうか?)

弾いていると、

スタッカートが多く、リズムが軽快で、

前へ前へと進ませるようなものがあるのですけど、

テヌートが、そうさせないような役割をしているというのか、

気持ちが熱くなって夢中になってくるところを、

冷静にさせるような役割があるというのか・・・

面白いです。


この曲は、

火が燃える様子。それが、想像できるところがいいです。


昔は、家の庭で、

落ち葉や枯れ木などをよく燃やしました。

(ちょっと懐かしい・・・)
 
火は、激しく燃えたり、少し弱まったり、

その時の吹く風で、燃えるさまが違って見えます。

火の勢いが少し弱まった・・・

なんて、思っていると、

急にバチバチと激しくなったり・・・

油断していると、怖いです。

 ( 火を消したから大丈夫・・・と思っていたら、

   また燃え出した・・・なんてこと、よくありました、

   まだ生きている?

   なんてね。 

   火は、生きているように見えましたよ。

   残念ながら今はもう、燃やすことができなくなりましたが。

   そんな「生」を感じさせる火。

   この曲は、

   そんなものをイメージして作られたのかもしれませんね。)


この曲が、途中ピアニッシモになるところは、

そんなところなのかな?

なんて、思って弾いてました。


私が子どものころは、

そういう火を眺めることが日常でよくあって、

なんとなく、火を想像できますが、

今の子どもは、火を見る機会もほとんどなく、

( 家庭でもガスの炎を見ることもないようで・・・)

気の毒だなあと思います。

どんど焼きとか、機会があれば、

火の燃える様子をじっくりと観察する経験があるといいかもしれませんね。

怖い、と感じるほどのものを見るということは、

なかなかないですから・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


平吉 毅州/虹のリズム 24.真夜中の火祭/演奏:松本 あすか


↓ 平吉 毅州さんのピアノ曲集『虹のリズム』のCD

虹のリズム/平吉毅州




この曲の楽譜は、 こちら になります。



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示