05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


クラシック音楽 曲種(ノクターン)

< 曲種 ノクターン >


今回も、曲種ごとに分類しています。

このブログで、

これまでとりあげてきた「ノクターン(夜想曲)」を集めてみました。


もしよかったら、

≪ ≫ の記事を読んで、曲を聴いてみてください。(^_^)


* ノクターン(夜想曲)*

nocturne[英・仏](ノクターン、ノクチュルヌ)

ジョン・フィールド[アイルランド](John Field, 1782年-1837年)に

よってはじめられ、ショパンによりさらに洗練された性格的小品。
 


・マリア・シマノフスカ[ポーランド](Maria Szymanowska,1789年-1831年)
≪シマノフスカ  ノクターン 変ロ長調 ≫

・ミハイル・グリンカ[露](Mikhail Glinka、1804年-1857年)
≪グリンカ ノクターン 「別れ」≫

・ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル[独](Fanny Mendelssohn-Hensel, 1805年-1847)
≪ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル の ノクターン ト短調≫

・フレデリック・フランソワ・ショパン[ポーランド](Frédéric François Chopin,1810年-1849年)
≪ショパン ノクターン第1番 Op.9 No.1≫

≪ショパン ノクターン第8番 Op.27 No.2≫

≪ショパン ノクターン第13番、第14番 Op.48 No.1 No.2≫

≪ショパン ノクターン第18番 Op.62 No.2≫

≪ショパン ノクターン第19番 Op.72 No.1≫

≪ショパン ノクターン第20番(遺作)≫

・フランツ・リスト[ハンガリー](Franz Liszt,1811年-1886年)
≪リスト 愛の夢第3番≫

・クララ・シューマン[独](Clara Schumann, 1819年-1896年)
≪クララ・シューマン 「 音楽の夜会」Op.6  No.2 ノクターン≫

・アレクサンドル・ボロディン[露](Alexander Borodin, 1833年-1887年)
≪ボロディン 弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 第3楽章「ノクターン」≫

・ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー[露](Peter Ilyich Tchaikovsky、1840年-1893年)
≪6つの小品( 6 Pieces ) より 夜想曲 Op.19 No.4≫

・エドヴァルド・グリーグ[ノルウェー](Edvard Grieg、1843年-1907年)
≪グリーグ 抒情小品集より「 ノクターン」Op.54-4 ≫

・イグナツィ・ヤン・パデレフスキ[ポーランド](Ignacy Jan Paderewski, 1860年-1941年)
≪パデレフスキ ノクターン Op.16-4≫

・エリック・サティ[仏](Erik Satie、1866年-1925年)
≪サティ ノクチュルヌ第1番≫

・アレクセイ・スタンチンスキー[露]( Alexei Vladimirovich Stanchinsky, 1888年-1914年)
≪アレクセイ・スタンチンスキー ノクターン≫

・リリ・ブーランジェ[仏](Lili Boulanger, 1893年-1918年)
≪リリー・ブーランジェ ノクターン≫

・サミュエル・バーバー[米](Samuel Barber、1910年-1981年)
≪バーバー  ノクターン Op.33 (ジョン・フィールドを讃えて)≫



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示