05
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


レクオーナ スペイン組曲「アンダルシア」より マラゲーニャ

こんばんは。

今日は、情熱を感じる曲を紹介します。


エルネスト・レクオーナ の 

     スペイン組曲「アンダルシア」第6曲目 マラゲーニャ



スペイン組曲「アンダルシア」は、以下の構成になっています。

 1 アンダルーサ  Andaluza
 2 コルドバ      Cordoba
 3 アランブラ     Alhambra
 4 グアダルキビル川 Guadalquivir
 5 ジプシーの歌    Gitanerias
 6 マラゲーニャ    Malaguena


このマラゲーニャは、

フィギュアスケートでも、いろいろな選手が使用しているので、

みなさんも、きっとこの曲をご存じでしょう。


私の場合、

『青春白書』

が、知るきっかけでした。

これ、ご存じの方、少ないと思いますけど、

30年ほど昔の、スケートマンガです。

( このマラゲーニャで滑る・・・というお話で、

  しかも、四回転を跳ぶ・・・

  なんて、すごいお話でしたが。)

それに出てくる、マラゲーニャという曲。

そんないい曲だっけ?と思いつつ、

アルベニスのマラゲーニャの楽譜を持っていたので、

家で、ピアノを弾いてみるのですけど、ピンときませんでした。

当初は、アルベニスの曲しか知らず、

これは、スケートの曲には、合わない・・・と思っていました。


アルベニスのではなく、

どうも、こちらの曲であると気づいたのは、

ある選手がこの曲で滑っているのをテレビで観てから・・・

( どの選手か、わかります?)

長年の謎?が解けた気分で、ちょっと嬉しかったです。

( 氷上で、この音楽の世界がマッチするなんてね。

  熱さを感じる曲なのにね・・・ 不思議です。)


この曲の原曲は、ピアノですけど、

オーケストラやギターでの演奏のほうが、知られているでしょうか?

スペイン語の歌もありますね。

情熱的な愛・・・?

どうもそんな感じの歌詞のようです。


昨日、なんとな~く、

こういう情熱的な音楽を聴いてみたくなって、聴いていました。

気持ちが沈んでしまったままでは、どうしようもないと思って。

何かをしようにも、

熱い気持ちがないと、なかなか動こうという気持ちになれません。


この曲は、もともとやる気を持っているものの、

なんとなくやる気が失せてしまって動けない人。

そういう人が聴くといいかも・・・


徐々に盛り上がっていく曲ですからね。

沈んだ気持ちを徐々に高めていくには、とてもいいかもしれないです。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ レクオーナのピアノ演奏で
  (始めから、3分12秒まで。CMつき。)
Ernesto Lecuona plays Lecuona - Malaguena & Andalucia

↓ プラシド・ドミンゴの歌声で(雑音などあり)
PLACIDO DOMINGO ''MALAGUENA'' BY ERNESTO LECUONA.wmv

↓ サビカスのギター(CMつきです)
Sabicas (( Malaguena))

↓ ポール・モーリア・グランド・オーケストラで(CMつきです)
Paul Mauriat - Malaguena マラゲーニャ


↓ この曲の原曲(ピアノ)のMP3

Malaguena


↓ スタンリー・ブラック・アンド・ヒズ・オーケストラのMP3

Malaguena



* この曲の楽譜は、 こちら になります。




Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示