05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スヴェトラーノフ 祝典詩曲 ( Festive Poem ) 作品9

こんにちは。

今日は、曲紹介をお休みするつもりでしたけど、

ある曲を聴いていたら、

いつものように、書きだしてしまいましたよ・・・


エフゲニー・フョードロヴィチ・スヴェトラーノフ の 祝典詩曲 作品9


ロシアの指揮者として有名であったスヴェトラーノフの曲。

これも、曲を選んで、1年以上放置していた曲です。

この曲をどうやって書いたらいいのかな?と考えると、

非常に悩ましくて書けませんでした。

でも、いいんですよ~。


この曲は、最初からドキッとさせられ、惹きつけられます。

何かが始まるような予感・・・

壮大で、すごい響きの中へ入り込んでしまったら、もう抜け出せない。

聴き終わっても、しばらく現実の世界へ戻るのに時間がかかるような?


演奏がいいのか? この曲がいいのか?


正直、オーケストラの音のよしあし、演奏のよしあしは、

私はよくわかりません。

他の方々は、たくさん聴き比べをされているので、

何がいい、というものを持っていらっしゃいますけど、

私は、その時その時の聴こえた音でしか、判断できません。


しかも、ピアノの場合で言えば、

楽譜を見ると、この演奏でいいのか?というものが、

妙に惹きつけられ、いい演奏に聴こえてくることがよくありますから。

( そういう演奏は、人気がありますね・・・)

作曲家(楽譜)の意図する演奏なのか、どうかは、

オーケストラでは、ピアノ以上にわかりにくいです。


だから、

何を基準にして「いい」とするのかは、いつも聴いたときの感想。 

直感で選んで、書いてます。


このスヴェトラーノフの曲は、退屈する時間がない。

オーケストラって、中にはそういう部分がある曲もありますから。

( ただ長く感じる曲? 曲というよりは、演奏の方かな?) 


たぶん、今日紹介する曲は、

いい指揮であり、いい演奏であり、いい曲・・・

なのかもしれません。

もちろん、これは私の感想なので、みなさんはどう感じるでしょうか?

( 違うかもしれませんが・・・ )


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ スヴェトラーノフ指揮
スヴェトラーノフ祝典詩曲作品9


↓ この曲のMP3

Festive Poem Op. 9



↓ スヴェトラーノフ指揮のCD
   CDの詳しい内容は、<続きを読む>で・・・

スヴェトラーノフ・エディション(10枚組)






続きを読む

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示