10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


クーラ 結婚行進曲 Op. 3 No. 2

こんにちは。

今日は、明るめの曲を選んでみました。


トイヴォ・クーラ 結婚行進曲 Op. 3, No. 2


クーラは、フィンランドの作曲家です。

結婚行進曲というと、有名なのは、

メンデルスゾーンとワーグナーの曲でしょうか?

この二人の曲は、とてもよく知られていると思います。

私は、クーラのこの曲は、舘野泉さんの演奏で知ったくらいです。

世間では、あまり知られていないのではないでしょうか?


この曲を聴いていると、

華やかな結婚式のイメージでもなく、

盛大にお祝いをしようというものではなく、

静粛な空気の中での結婚式の始まる前の様子や、

これから、お嫁に行くのだという、花嫁さんの

心細さや、緊張感、覚悟を音にしているのかなあという感じがします。

最後に、さあ、いよいよ始まりますよ・・・という感じがします。

聴いていると、

凛とした美しい花嫁さんが目に浮かんでくるよう。

結婚式って、女性の気持ちで言うならば、

やっぱり一生に一度の晴れ舞台だと思います。

結婚後、これ以上に、

華やかに、美しく、主役になれる場はないですよ・・・

でも、緊張しますね。

新たな人生の出発が始まる・・・

とっても希望に満ちているけれどね、始まる前は、緊張してくるのです。

これからの新たな生活に向け、気持ちが引き締まった緊張感。


そんな感じがこの曲には、あるかな・・・?



もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ヨウニ・ソメロのピアノ演奏で
Toivo Kuula:Häämarssi op.3/2 Jouni Somero,piano

↓ マルコ・ハカンパーのオルガン演奏で
  オルガンの音で聴くと、結婚式・・・と感じます。
Toivo Kuula - Häämarssi (Wedding March)


↓ 舘野泉さんのCD

フィンランド・ピアノ名曲集



↓ エーロ・ヘイノネンのMP3

Kolme kappaletta (3 Pieces), Op. 3b: II. Haamarssi (Wedding March)



* この曲の楽譜は、 こちら になります。


もしかしたら・・・

親の立場での、緊張感かもしれませんね。

大事に育てた娘を嫁に出すときの?

最後は、さあ、行っておいで・・・という感じになるでしょうか?

こう考えると、

涙を流したいのをこらえて、

笑顔で送り出すお父さんのイメージになりますが・・・

若くして亡くなったクーラの年齢を考えると、

そうではないと思いますけど、

男性も結婚式の前は、緊張するものでしょうか?

その点は、女の私にはわかりませんが、

結婚式の前、

誰もが、そういった緊張感を持つものかもしれませんね。



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示