05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ゴダール ジョスランの子守歌(Berceuse)

こんばんは。


今夜は、子守歌を紹介します。

子守歌は、これまでにも、いろいろと紹介してきました。

時々、聴いてみたくなるときがあります。 


バンジャマン・ゴダール の ジョスランの子守歌


オペラ『ジョスラン』の第2幕で歌われる子守歌。


この曲は、ピアノの楽譜があったので、

子どものころ、弾いたころがありますけど、

正直、あまり子守歌というイメージはありませんでした。

でも、

歌手の声で聴くと、やっぱり子守歌なんだ~と感じた曲です。

女性歌手で聴くと、

懐かしいような、母を思い出すような声に聴こえてきます。


昔、寝かしつけるときに必ず子守歌を歌ってくれた母。

母は歌が上手でしたので、何度も歌って!とお願いし、

母を困らせた私です。

母は、そんなわがままを聞き入れ、何度も歌ってくれましたよ。

そんなことを思い出し、なぜか泣けてくる。

果たして、

私は、子どもに対し、そんな母のようにしているのか?と・・・

そうではないから、きっと泣けてくるのでしょうね。


母という役目は、

男性は、お仕事よりも簡単なものだと思っていらっしゃるかもしれない。

でも、

そんな簡単なものではない。

むしろ、子ども一人の人生が母にかかってくるのですから、

大変です。

それが手のかかる子であれば、あるほどね・・・

(もちろん、一家を背負って働く父親も同様に大変ですよ。)


子守歌は、

子が生まれて、子育てが大変でも、日々の成長を嬉しいと感じたころの歌。

どんなに大変でもね、

少しでも成長をする子の姿を見るのは、嬉しい。

そんな頃の歌。


今聴くと、なぜか、

そんな初心に戻りなさいと言われているような気がしてくるのです。

ただ生まれてきたことを嬉しいと思ったあの頃。

それを思い出しなさい・・・とね。


聴くと、泣けてきます。

ただ生まれてきたことに感謝。

そう思うことで、泣けてくるのですよ。

奇跡ともいえる子の誕生。

だからこそ、

その後がどうであれ、どんな苦労があったとしても、感謝しなくてはね・・・


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ プラシド・ドミンゴの歌声とパールマンのヴァイオリンで(CMつきで)
.Placido Domingo & Itzhak Perlman "Berceuse" Jocelyn .

↓ ビング・クロスビーの歌とハイフェッツのヴァイオリンで
Bing Crosby and Jascha Heifetz: Benjamin Godard - Lullaby; Berceuse (from Jocelyn) .

↓ 女性歌手のニノン・ヴァランの歌
.Ninon Vallin, Berceuse de Jocelyn - Jocelyn .

↓ 男性歌手のニコライ・ゲッダの歌声で
Jocelyn, Berceuse - Nicolai Gedda

↓ 男性歌手のベニャミーノ・ジーリの歌で
Beniamino Gigli "Berceuse" Jocelyn

↓ 男性歌手ユッシ・ビョルリングの歌で
Jocelyn, Berceuse (Angels Guard Thee) - Jussi Björling

↓ 女性歌手アルマ・グルックの歌で
Soprano Alma GLUCK ~ BERCEUSE (1913)

↓ 女性歌手のエルナ・サックの歌声で
Erna Sack sings the lullaby (Berceuse) from Jocelyn by Benjamin Godard

↓  女性歌手リタ・シュトライヒの歌声で
RITA STREICH " CACHÉ DANS CET ASILE" , BERCEUSE

↓ パブロ・カザルスのチェロ、
   ニコライ・メドニコフのピアノの演奏で
‪Godard: Berceuse de Jocelyn‬


↓ プラシド・ドミンゴの歌声と
  パールマンのヴァイオリンのMP3

Jocelyn Op. 109: Oh! ne t'・・veille pas encor (Berceuse) (arr. Tunick)



↓ ハイフェッツのMP3

Jocelyn - opera in 4 Acts - arr. Ball - Berceuse de Jocelyn



↓ パブロ・カザルスのMP3

Godard : Berceuse de "Jocelyn"






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示