05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ウェーバー 舞踏への勧誘

こんばんは。

昨夜の記事で、ワルツという感じがしない・・・なんて、

書いたと思うのですけど、

 (気になる方、一つ前の記事をお読みください)

今日は、舞踏会の雰囲気が伝わってくる曲を紹介しますね。


カール・マリア・フォン・ウェーバー の 

               舞踏への勧誘(舞踏への招待)



舞踏会。

男性が女性をダンスのお誘いして、ダンスが始まる・・・

ダンスのおしまいまで、その様子がわかるこの曲。

舞踏会って、楽しそう~、華やかで素敵なんだろうなあ~と

子どものころ、この曲を聴いて思いました。

ちょっとした憧れですね・・・


そう、いい演奏で聴くには、とてもいいなあ~と思える曲。


これを弾くとなると、結構体力を使い、疲れます・・・

長いですしね。(繰り返しをしなくても。)

それを、ピアノ発表会で聴くとなると、

う~ん、(~_~;)

と、うなりたくなるほど、聴くのが、つらい・・・


でも、意外と人気があるのでしょうか?

過去に何人かこの曲にチャレンジをした子ども、大人がいました。

こんな長い演奏になる曲をなぜ、発表会に?と

先生の選曲に、疑問を感じるのですけど・・・


これまでにも、何度か、

この曲は、弾かせないで~、と書いた曲がありますけど、

観客がどんな風に聴くのか・・・、聴くにたえられるのか・・・、

これを考えたら、なぜ、先生は生徒に弾かせる?となるのですけどね。

シュトラウス2世の「美しき青きドナウ」にしても、そうですけど、


3拍子のダンスは、難しい・・・


なぜか、3拍子、これは、簡単なリズムなようで、難しい。

そう思える(聴こえる)のですよ。

素人だから・・・というよりも、


日本人に、馴染みがないのかな?


上手に弾ける人が、ワルツに聴こえるというわけではない。

( 昨日紹介したワルツや、ショパンのワルツのような、
 
  元々、踊りをイメージしていないワルツや

  踊ることを想定してつくられていないワルツは、別ですよ。)


どうしても、発表会でこの曲を弾きたい方は、

これが舞踏会のイメージ?と言われないよう、一度踊ってみてほしい・・・

踊ると、この曲のイメージしているものが、感じることができるかも?

頭で考えても、ダメ・・・、ではないかな?

なんて、思うのは、私だけでしょうか?

先生もちゃんとダンスが想像できるように指導してください・・・

ズン・チャッ・チャッ・・・?

で、ないように・・・


ちなみに私は、むか~し昔、ダンスを習いましたけど、

私の音は、果たして、ワルツになっているのかどうか・・・

イメージくらい・・・は、できているかな?(そうであってほしい。)

マズルカなんて、絶対に弾けない・・・、そう思う私です。

なんとなくでも、わからないものは、弾けない・・・


この曲は、ぜひ聴いて楽しみましょう・・・


探したら、思っていたよりも、ずっと多くありました。

ちょっとした驚き。

子どもの演奏ばかりかと思えば、そうでもなかったです。

もしよかったら、聴いてみてください。 お好みでどうぞ・・・


↓ イグナーツ・フリードマンのピアノ演奏で(こちらは原曲)
.Ignaz Friedman plays Weber's Invitation to the Dance .

↓ アルトゥル・シュナーベルのピアノ演奏で(こちらも原曲)
Artur Schnabel plays Weber "Invitation to the Dance"

↓ アレクサンダー・ブライロフスキーのピアノ演奏で(こちらも原曲)
Alexander Brailowsky plays Weber Invitation à la valse

↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏で(こちらも原曲)
Von Weber / Alicia de Larrocha, 1964: Aufforderung Zum Tanz (Invitation To The Dance), Op. 65

↓ ニキタ・マガロフのピアノ演奏で (こちらはアレンジ。とてもきれい。)
* 大変申し訳ございません。
  こちらの動画は観られなくなってしまいました。<2015.6.21>

Nikita Magaloff plays Weber Invitation to the Dance Op.65 .

↓ ハンス・クナッパーツブッシュの指揮 オーケストラで
Hans Knappertsbusch "Invitation to the dance" Weber .


↓ 中村紘子さんのCD

乙女の祈り



↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のCD

モルダウ/カラヤン名曲コンサート



↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Weber: Invitation to the Dance, Op.65 (Aufforderung zum Tanze) - Orchestrated by H. Berlioz (1803-1869) - Moderato - Allegro vivace - Vivace - Moderato



↓ ハンス・クナッパーツブッシュ指揮、
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のCD

舞踏への勧誘~クナッパーツブッシュ名演集



↓ アナトール・ウゴルスキのピアノのMP3

Weber: Invitation to the Dance, Op.65 (Aufforderung zum Tanze) - Moderato - Allegro vivace






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示