11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


モシュコフスキ スペイン奇想曲 Op.37

こんにちは。

覚えておいでかわかりませんが、

以前、書いた記事で、

アイリーン・ジョイスのことに少しだけふれましたが、

その彼女の演奏(You-Tubeの中で)の中で、

一番いいかなあ~(一番私好み)と感じた曲を紹介してみます。


モシュコフスキ の 

       スペイン奇想曲 (Caprice espagnol Op. 37)



スペイン奇想曲というと、

他の作曲家を思い浮かべる方が多いかもしれません。

今回は、モシュコフスキで・・・

モシュコフスキというと、練習曲のイメージがありますね。

しかも、技術的に難しい・・・

この曲は、情熱的な感じと、華やかさと上品さがあって、好きです。

ちょっと夏を感じさせるような暑さとけだるさもありますか?

今の時期に聴くと、ぴったりかな~?と感じる曲です。

( 余計に暑く感じてしまうかな・・・?)


もしよかったら。聴いてみてください。


↓ こちらは、アイリーン・ジョイスのピアノ
   彼女の粒のそろったコロコロコロ・・・とした感じの音と
   華やかな音が、この曲に合っているように思います。
.Eileen Joyce: Moszkowski Caprice Espagnol .

↓ こちらは、楽譜つきです。
.Moszkowski Caprice Espagnol Score .

↓ ヴィルヘルム・バックハウスの演奏で
Wilhlem Backhuas plays Moszkowski Caprice Espagnol (1928)

↓ シューラ・チェルカスキーの演奏で
Moszkowski - Caprice espagnol, Op. 37- Shura Cherkassky

↓ レナード・ペナリオの演奏で
LEONARD PENNARIO / Moszkowski / Caprice Espanol

↓ ヨゼフ・ホフマンの演奏で(CMつきです。)
Josef Hofmann plays Moszkowski Caprice Espagnol, op. 37


↓ ヴィルヘルム・バックハウスのMP3

Caprice espagnol, Op. 37



↓ ヨゼフ・ホフマンのMP3

Caprice espagnol, Op. 37



↓ シューラ・チェルカスキーのCD
  CDの詳細は、<続きを読む> へ どうぞ。

Kaleidoscope: Piano Encores


  
この曲の楽譜は、 こちら になります。



続きを読む

モシュコフスキ 「愛のワルツ」

おはようございます。

今日は、私好みのワルツを紹介します。


モーリツ・モシュコフスキ「愛のワルツ」op.57-5


この曲を聴いていると、愛に満ちた音楽っていいなあ~と思います。

誰かを愛すること、最初はとても純粋な気持ちだったと思うのです。

相手が自分を見てくれた・・・

なんてね。そんなささいなことですら、嬉しかったり?

話ができたら、もっと嬉しかったり?

長い時間一緒にいられたら、もっともっと嬉しかったり?

相手に好き!だなんて言われたら、もっともっともっと嬉しい・・・


もちろん、そんな初々しい気持ちも変化し、

だんだんと相手と近づいていくうちに、不安になったり、心配したり?

やきもちもやいたり?

もっともっと自分を愛してほしい・・・

自分だけを愛してほしい・・・

なんてね。

そして、一緒にいる時間を増やしたいと思う。

いつも一緒にねって。

常に一緒にいられたら、幸せ。

ただ、そう思っていたはず・・・


でも、

それが当たり前になってしまうと不思議と心は変化していくのでしょうか?

それどころか、いないほうがいい?

そんな風になってしまったら、やっぱり悲しいかな・・・


どなたかが、人を好きになると、

ふれていたい・・・

とおっしゃっていました。

そんな風にいつもふれていたい・・・なんて、

いつまでも思えるといいのですけどね。

なんとな~く、そういった相手と触れ合うこと、

しなくなると、だんだんと相手に対する思いが薄れていくのでは?

なんて、思ってしまいます。


この曲、ワルツですね。

「ワルツを踊る」って、必ず男女が手を取り合って踊ること。

昔、私も習いましたけど、

好きである・好きでないは関係なく、踊りましたけど、

やっぱりね、好きな相手とだったら、いいなあ~と思いましたよ。

踊ることはとっても楽しい。

でも、好きな相手とであれば、もっともっといいかな?

好きであれば、手を握るだけでも、ドキドキしますものね。


このモシュコフスキの「愛のワルツ」には、

そんな愛しあう男女の姿のイメージが感じられます。

愛し合う男女であるからこそ、その姿は美しい。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ シューラ・チェルカスキーの演奏で(ピアノロール)
Liebeswalzer - Cherkassky (Moszkowski) Duo-Art

↓ エフゲニー・ザラフィアンツのピアノ演奏で
エフゲニー・ザラフィアンツ演奏 モシュコフスキー 「愛のワルツ」

↓ こちらも、ピアノロールの演奏で
   (誰の演奏かは、不明。ルドルフ・ガンツの演奏か?)
DSCN0053.MOV

↓ こちらも、ピアノロールの演奏で(誰の演奏かは不明)
Moszkowski: Liebeswalzer (Love Waltz), Op. 57, No. 5



↓ エフゲニー・ザラフィアンツのCD

ショパン/バラード



↓ こちらは、
  (1)~(11)ヴラディミール・ホロヴィッツのピアノ 
  (12)~(17)シューラ・チェルカスキーのピアノのCD
  愛のワルツは、16曲目で、チェルカスキーの演奏になります。

コンドン・コレクション6~演奏家編 ウラディーミル・ホロヴィッツ/シューラ・チェルカスキー



 ↓ こちらは、中古の楽譜

  <内容>
  1 即興的ワルツ 
  2 火花 op.36-6  
  3 カプリス・エチュード op.70
  4 秋に op.36-4  
  5 ワルツ op.15-5
  6 愛のワルツ op.57-5  
  7 スペイン奇想曲 op.37

標準版 モシュコフスキー ピアノ曲集



* この曲の楽譜(中古のもの↑ と同じ)を新品でお求めの方は、 

   こちら へどうぞ・・・




Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示